FC2ブログ

広告について 広告の原点

広告について。広告の原点って?。

広告が始まったのは、
たぶん、コミニケーションが人同士で取れ、社会性が、生まれた時だと思います。

声による、記号による、言葉による、文字による、音楽による、
コミニケーションの伝達方法が増えれば、
広告もいろんな媒体が、生まれています。
標し、看板、その社会の言葉の共通化から、声による、「呼びかけ」
文字の発明でビラ、本
紙の発明と印刷技術から、新聞、雑誌、チラシ
電波と家電の発達から、ラジオ・テレビ、
宇宙技術の発達から、CS/BS放送

コンピューターのローコスト化から、WEB関連の様々な媒体が出てきました。
情報伝達=広告と言っても過言ではない、過言かも。
広告は、
目的が、
あります。

人に、情報を発信して{買わせる}ためです

そのために、気を引かなければいけません。

文字(コピー)絵(イラスト/写真/図案(デザイン)/色
/声(ナレーション)/雑音(SEサウンドエフェクト)
音楽(サウンド)/色気・エロ(タレント<意外とこれが大事>) 
キレイさ(高画質、ハイビジョン、3D )
もうじき、温かさ、風、肌触りと、においが出現します。※きっと誰かが、いつか発明してくれる。

においだけなら昔からうなぎ、焼肉で実践されていますが…。




2010.7.11にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

Tag : 広告の原点

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)