FC2ブログ

お節介はチンパンジーと決定的進化を分けた

心の進化1長谷川寿一
心の進化2長谷川寿一

チンパンジーと人間の差は、お節介することにより決定的に別れた。

猿は積極的に子供を教育しない。
相手の気持ちを感じて慰めもしない。
強弱、序列の関係で動いている。それは恐怖が中心。

人は、相手の心を読んで自分の分までも与えてしまう、子供の将来を考えて教育する。
人を助けるため助言をする。だから、進化した。

お節介とは、相手を思いやる心から発する行為。

時にはカン違いして心遣いがお節介という言葉に変る。

そのお節介が今の世の中、チンパンジーの一種的になってきている。


お節介=迷惑みたいな風潮で、

お節介を焼かない文化に退潮している。

子供を教育する。みんなで世話を焼く。共同作業で分かち合う。

それが、ひとりコンビニへ行っておにぎりを買ってきてたべる。

まるでチンパンジーと変らない生活。

確かにそういう生活が、楽な、できる環境なんですね。

確かにチンパンジーの中の1匹かもしれない。

人間のこころのつくりは、独り老人の面倒見てやり、子供を注意して教えてやることが
心地いいようになっているそうです。



女子高生3割DV被害
こんな記事を読むとお節介と独り占めとの違いが
よく分るのではと蛇足ですが、入れました。

でも私も高校生の頃(高校生の時は女性とまったく縁なくて大学にいたころ)
相手をしばっていたように思うんです。
相手の気持ちを全然考えず(独りよがりで考えてた)のでこの記事はボクにとって少し痛い記事です。

ただ、セックスを強要したり
(携帯が無かった時代)手帳の電話帳を破いたりした
ことはありません。そんなことしたら、すぐ振られます。
それほど自信が無かった。
よく考えてみると、

今より女性が強かったように思います。











 2011.08.06
にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

広告を出すならア・アド・エージェンシ-
06-6881-0456 email:aaa@a-ad.net http://a-ad.net 



関連記事

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)