FC2ブログ

智恵さえあれば不景気でも売上アップ文房具とガム

三菱鉛筆とパイロットが利益が伸びたそうです。
ロッテガムも普通100万個売ればヒットなのに
10倍以上の1600万個を売り上げたそうです。

事務用の購入は経費節減で減ったにも拘わらず、個人買いが増えたからだそうです。
消せるボールペンみたいな付加価値の高い商品を個人が買っていったからだそうです。

僕の見方では、一世帯(家長)であれば、最低限必要なものは文房具や炊飯器、冷蔵庫。
人口の減少、企業の経費節約指向、学生、生徒の減少に
打ち勝ったのは
一人住いの数が、総世帯数が増えたからだと踏んでます。

ロッテのガムは特保と謳ったように、
ターゲットを子供から大人、
それも団塊の世代の老人壮年層を狙ったからだと思います。

スーパーでは一人用の小分けした商品がどんどん増える
スーパーの宅配サービスも増えている
(お年寄り向けの重たい商品販売促進、
時間の無い共稼ぎ向けが最初のきっかけだったけど、)
通販慣れした日本人にあわせていった。

通販に不向きな生鮮野菜の販売が必要になったコンビニ。

時代は人口の変化、階層の変化、人生、人間関係の変化で刻々と変わっています。

1995年の人口ピークから明治維新、太平洋戦争、ぐらいのエポックなんじゃないか
と思っています。
もちろんウエブ普及、スマートフォンの時代も人口の変化と同じぐらい要素ですが、。







2011.2.19
にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

SEO
関連記事

テーマ : マーケティング - ジャンル : ビジネス

Tag : 人口

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)