リアル媒体の雄、街頭配布/ティッシュ配布がまず1番に来ると思います。

ウェブ広告がもて流行らせています。
当社のクライアントのポータルサイト運営会社さんが
必ずと言っていいぐらいいただくのは、




街頭配布なんですね。

結果もアクセス数が端的に伸びるので
分りやすい広告媒体なんです。

私も朝早く7時20分に配布場所に出ますので、ハードな1日になります。

配布物は主に、チラシ配布が1番多く、僅差でティッシュ配布
次にサンプル配布と言ったところでしょうか。
最近サンプル配布が派手になってきているみたいです。
キレイな女子、背が高い、ユニフォームもちょっと豪華と言ったみたいに。

街頭配布/ティッシュ配布1

うちの場合、一人1枚を厳守で時間制をとっています。

ターゲットの絞込みも出来ます。(見た目だけですが)
男女18~60歳が1番効率よく配れます。
女性15~45歳までとか
男性20歳以上とか
高校生女子だけ、大学生女子だけとかになると配布枚数が減り、効率も落ちます。
また、地域や、配布場所にも影響します。
街頭配布/ティッシュ配布京橋2

街頭配布/ティッシュ配布京橋3


大阪淀屋橋近辺や、京橋駅前、梅田の1ヶ所など、たいへん効率が良いところ、

大阪本町や難波、心斎橋、ほとんどの梅田近辺は
効率の悪い地域だったりして、

配布場所の選定の事前調査のいることが分っていただけると思います。

当社は消費者金融全盛時代(1990~2000年代)、
ティッシュ配布をいただいて(年間8千万個)、
全国の地域をだいたい把握しています。
また沖縄などの集中ポイントの少ない
難しい地域もあり、代替案を用意しています。


時間でも夕、夜配布するよりも朝の出勤時を狙うのが購読率は高く受け取ってもくれやすいです。

ティッシュは一人当たり無差別なら、
3時間で1000個、ビラなら700枚、サンプルなら700個
ぐらいです。あくまで平均ですので、詳しくはお問い合せ下さい。
TEL06-6881-0456 E-mail:aaa@a-ad.net
大阪総合広告代理店㈱ア・アド・エージェンシー小西まで

雨の日は、受け取り率がガクッと落ちますので、
前日午前中に当社判断で延期いたします。

京橋や難波高島屋前など必ず警察の道路使用許可を取らないといけないポイントもあります。
印紙代2000円+手数料3000円で代行いたします。
※遠方は手数料が変わります。最低2回行かないといけませんので。

配布物のティッシュやチラシの印刷/制作もお受けいたしております。
配布場所の配送もできます。
配布物のお預かりはしておりません。※ティッシュ20000個ぐらいのスペースがありますが。

街頭配布のチェックポイント

1.誰に(ターゲット)、
2.どこで(地域)
3.いつ(月、曜日、時間帯)
4.なにを(伝えたいこと※一言で)
5.どれを渡すか(チラシかティッシュか、サンプルか、クーポン券か)
6.誰が配るか(社員なのか、アルバイトを雇うか、当社なのか)

予算は、が最後に残ります。説明が簡単ではなりませんので、上記のところにお問い合わせください。

テーマ : こいつは使えるぞ - ジャンル : ビジネス